最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

サカナ図鑑

  • ハナミノカサゴ
    宮古島や伊豆のさかな達

ウミウシ図鑑

  • P61615860001
    宮古島や伊豆のウミウシ

NATURAL-WAVE

« 2014年10月 | トップページ | 2015年4月 »

2014年11月

2014/11/16

わ鐵と紅葉 1

都内のJR駅を5時59分の山の手線に乗り
わ鐵と紅葉の旅が始まる
日暮里を6時15分の
JR常磐線快速 取手行きに一回目の乗り換え
北千住下車
ここから東武スカイツリーライン快速 東武日光行き
に二度目の乗り換え
2駅目の東武動物公園で下車

Nik_8837_2

ここから東武伊勢崎線急行 太田行きに乗り換えた
ここから15駅目の足利市で下車
JRの駅と東武の駅が結構な距離
離れています。ここでハプニング
結構の乗客がこの駅で降りたので
きっと同じ方面に行く人だと思い
後を付いていってしまった。行き先はタクシー乗り場やバス乗り場
あらら 乗り換え時間が16分あったのですが
迷ってギリギリになり
JRの駅まで走ることに
渡良瀬川をわたり、ホームまでたどり着くと
非情にも電車の扉は直前で閉まってしまう。
がはっは 泣き
しかし 電車は動かない
なんとこの電車は手動で扉をあけるらしい 運転手さんは待ってくれていた。
ローカル線はよいな
そんな事を知らない都会人に
中の乗客が中から開けてくださいました。

Nik_8839


Nik_8849
ここからJR両毛線・高崎行きに乗り
桐生に到着
山の手線内からだと
2時間31分かかった。
しかし料金はわずか¥1287

わ鐵と紅葉2

Nik_8855
桐生駅に停車中のわたらせ号


Nik_8858_2

運転室
<

Nik_8863

車内はこんな感じです。
これに乗って大間々(おおまま)まで行きます。


Nik_8865

大間々到着
桐生の駅で一日乗車券を購入していたので
いったん途中下車します。

Nik_8864

トロッコ列車はすべて満席でした。
事前の情報では紅葉シーズンはほぼ満席と知っておりましたが
せっかく来たのに乗れないのか!!!
ここで裏技
トロッコわたらせ渓谷号には窓がないトロッコ列車と普通の客車で編成されています。
トロッコ部分は指定ですが、客車の部分は自由にすわれます。


Img_4377

この切符を買って、しばしトロッコ号が発車するまで
大間々の周りを散策することにしました。


わ鐵と紅葉3

大間々の駅周辺には何かないか
散策していると、歩いていける橋があるらしいので
そこまでお散歩
渡良瀬川にかかる はねたきばし
Nik_8878_2

橋からのショット
逆光で上手くとれないな〜

Nik_8879

Nik_8884

Nik_8902

ISO100 14mm F7.1 SS1/200 撮影

Nik_8908_2

こちらはシグマの500mmで撮影

Nik_9024

大間々の駅ではこれから乗るトロッコ列車が間近で見学できます。
と言っても そんな撮り鉄は私だけ
空も青く 、気持ちの良い日になりそうです。


Nik_8912

ちょっとゆる鉄ふう

Nik_8919

先に発車したトロッコわっしー号

Nik_9013

あかがⅢ号 と トロッコ号の2ショット

Nik_8996

フロントマークと車体にうさぎの模様
かわいい

Nik_9010

車両点検所にいた車両
こちらのカラーも渋いですね!!


Nik_9026

こんなのも撮っちゃいました。
昭和49年製造 
俺より若い

わ鐵と紅葉 4

Nik_9256_2

いよいよ出発です
お決まりの後尾車両に乗り 150mmで撮影
おばちゃんの顔が邪魔だ〜

Img_4210_3

こんな線路脇に撮り鉄さん達が
危ないな〜

Img_4203

お墓の脇も通ります.


Nik_9128
こんな綺麗な渓谷沿いをトロッコ号は走ります。
紅葉が色づいてます。


Img_4208

乗車して車内から見る景色や、後方車両から撮影をしたり
とっても忙しい、そして楽しい。
そうこうしていると車内販売が始まり、とりあえずはお弁当
トロッコ弁当とやまと豚弁当があり、
見た目 おいしそうなトロッコ弁当をチョイス
味も美味しかったです。
これも列車の旅の楽しみの一つですね!!!


Nik_9129

Nik_9178

Nik_9184


Nik_9189

窓のないトロッコ車両に乗車の方は若干寒いかも
何名かが普通車両に逃げ込んできました。


Nik_9252


Nik_9282


Nik_9284

目的地に近づいてきました。
そうこの橋が目的地です。


わ鐵と紅葉5

Nik_9335

第2渡良瀬側橋梁
大正元年(1912年)
なんとも赴きのある橋です。
列車が通らずとも、絵にな橋梁です。
日帰りで時間もないのでここの橋しか撮れませんでしたが、
この他に第一渡良瀬橋梁も
次回は撮りたいと思います。


Nik_9315_2

この橋には通洞でおります。
駅から徒歩でも行けなくはないですが
駅前の観光案内所でレンタサイクルを借り
片道20分程度で行けました。
これ正解です ぜひぜひ

Nik_9383


Nik_9423

間藤 (終点)から引き返してきた列車
今回失敗したのは、自分らの乗ったトロッコわたらせ渓谷号
DE10型のが撮れなっかので
次回の宿題です。

Nik_9294

このDE10型が橋を渡る写真を撮りにきます。


Nik_9447_2

せっかく来たので
のんびり観光もしなっちゃ
足尾銅山に行きました。


Nik_9453

坑道


Nik_9460

時代ごとに採掘方法が説明されていて
意外と楽しめました。

Nik_9478

こちらは模型
銅銭を鋳造している様子

Img_4223

撮り鉄の帰り道に撮った 精錬工場後

Img_4224

山から運搬する機械がみえます.

Nik_9502
観光を終え 普通列車のたかつどで
相老駅まで帰ります。

Nik_9519_2

日も暮れてきました。
相老駅より
まわりにはコンビニもないところです。

Nik_9529

お別れを惜しみ、最後までシャッターをきってました。

Nik_9535

やる気が失せて ピントがあってない
最後は東武特急りょうもう40号に乗車
帰路につきます。


Nik_9540

りょうもうから車内撮影

楽しかった わたらせ渓谷鐵道と紅葉の旅は終わりです。

また撮り鉄しにいくぞ〜


« 2014年10月 | トップページ | 2015年4月 »