最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

サカナ図鑑

  • ハナミノカサゴ
    宮古島や伊豆のさかな達

ウミウシ図鑑

  • P61615860001
    宮古島や伊豆のウミウシ

NATURAL-WAVE

« 那覇の憂鬱 | トップページ | 那覇の憂鬱Ⅲ »

2009/12/02

那覇の憂鬱Ⅱ

どうにか間に合い

機内に滑り込み

シートベルトの前にズボンのベルトを通し

着席  フウー

やればできるじゃん!

7時におきれば間に合うな

ドアーもクローズされ

機体もプッシュバックされ

自衛隊機を横目で見ながら

滑走路に向かいます。

いつも思うのですが

機体が滑走路に進入すると

一度そこで止まるパイロットと

そのまま惰性で加速するパイロットがいると思います。

私的には一度止まって加速する方が好きです。

羽田から大きな機体で飛ぶときは

大体、一度止まり、

ググット 踏ん張る感じがおおいです。

那覇から飛ぶときは大体止まらないのが

多い気がします。

JALとJTAの違いかな?

今日は珍しく

滑走路に入るとピッタと止まりました。

「いつもと違うな」

といち早く感じてしまいました。

CAは着席したまま

「この飛行機はまもなく離陸します」

アナウウンスしています。

違うだろ

何か変じゃない

ピッタと止まったままじゃん

ピンポン

パイロットからCAに連絡が

「左エンジンの計器に異常をしらせる・・・・」

「このまま一度スポットに戻ります。」

何だよ!!!

あんなに走ったのに

戻るのかよー

スポットに戻ると、修理に15分くらいかかる

と アナウンスがあり

そのまま待つことに

5分くらい経つと 地上作業員が乗り込んできました。

何やら部品交換が必要らしい

この時点で15分じゃ 直らないよなー!

しばらくすると

修理に時間がかかるので

「一度飛行機を降りて

出発カウンターの近くでお待ちください」

と CAからのアナウンスが

普段ならいち早く降りたいけど

今日に限っては

さっきのカウンターの二人に

会いたくないので

降りたくありません

完全に顔を覚えられちゃうよー sad

« 那覇の憂鬱 | トップページ | 那覇の憂鬱Ⅲ »

Sony RX-100Movie」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213313/46916275

この記事へのトラックバック一覧です: 那覇の憂鬱Ⅱ:

« 那覇の憂鬱 | トップページ | 那覇の憂鬱Ⅲ »